WEBマーケティングって、こんなに効率悪いの知ってる? – アナーキーマーケティング

WEBマーケティングって、こんなに効率悪いの知ってる?

面白かったらシェアを!

さて、今回はWEBマーケティングがあなたのビジネスにおいて本当に重要かどうか、今一度考えてみよう。

そもそも、複雑なマーケティングを考える前に、

きっとあなたは「集客」したいのではないだろうか。

客を集めるために、あなたは、店舗を出したり、広告を出したり、営業マンを雇ったりしているはずだ。

下記は、中小企業が手の届く一般的なマーケティング手法を比較してみたものだ。

特にBtoBの企業に寄せて作成しているが、店舗やメーカーなどのBtoC向けビジネスにも言えることなので参考にして欲しい。

これをみていただけるとわかるのだが、WEBマーケティングってすごく手間がかかるのだ。

media_fanel

この表は、中小企業が使えそうな一般的なマーケティング手法を分類化している。

そして、一番左が集客の流れを表してある。ファネルとは、ジョウロのことで、見込み客が集客の段階を経ていくと、

最終的にこちらの希望する行動を取ってくれる顧客が絞られていくので、その様をジョウロにたとえている。

ここでみていただきたいのは上から、

見込み客の集客(見込みリスト無し)→受け皿メディア→見込み客へのアクション(見込み客リストあり)→レスポンス→コンバージョン

という一連の流れだ。

この流れが遠いほど、コンバージョンに時間と労力とコストがかかる。

簡単な話、何かしらの見込み客のリストが手に入りやすいものであれば、あなたはすぐにでも提案することができ、見込み客を顧客にできるのだ。

テレアポ、紹介、メルマガ、DMやFAXDM、チラシのポスティングなんて、企業や店舗などの見込み客リストが簡単に手に入る。

あなたの名刺、ウェブサイト上に掲載されいるターゲットの業界リスト、

FAXDM屋が持っている企業リスト、はたまたWEBのイエローページなんていうのもある。

そう、WEB上にはいろんな企業のリストが眠っているのだ。

別にメルアドが必要なわけじゃないし、住所がわかっていればDM、電話番号がわかっていれば、テレアポすればいい。

一番効果的なのは、これらの組み合わせだ。

DM送って数日後に電話する旨を書いておけば、数日後に電話しても、電話した理由を付け加えることもできる。

マーケティングは、このようなストーリー作りが最も大切だ。

どうだろうか。BtoBであれば、超アナログなマーケティング手法でも、

リストの入手が可能なので、アクションが早く、結果も早く出るのだ。

かたや、WEBマーケティングを見てみよう。

表でブルーに色付けされている部分だ。

ここでは、顧客リストが無い。顧客リストそのものを集める仕組が集客の根幹となるのだ。

だから一番重要なのが、実は、受け皿となるランディングページだ。

WEBマーケティングの手段手法は正直あとからチューニングすればいい。

ターゲットとなる人がみて、すぐに申し込みたくなるような提案やオファーが練られているかがとても重要になる。

だから、コピーライティングとプロモーションの企画が超重要!

デザインはそのオファーや提案を見やすくしたり、理解しやすく図解したり、

信頼性をあげるために綺麗にレイアウトしたりという、二次的要素でしかない。

なのに、サイトを作る時に、WEB制作会社にデザインを制作してもらい、

予算がもったいないからと、あなたがコピーを書いて、原稿を渡したりしていないだろうか?

それ、全く意味がないのだ。

あなたはコピーライティングやマーケティングに毎日向き合っているのだろうか?

もしくは、そんなことを以前やったことがあるのだろうか?

そんな特殊なスキルを持った方はほとんどの企業に存在しない。

このコピーライティングはコピーライターが代筆屋としてただ文字を書いているのではない。

(もちろん、代筆屋がほとんどが、、、、)

本当に効果の検証できるコピーライティングは、

過去何十年とテストを繰り返し、他の業界などで、反応のあった言い回しを組み合わせて作ったり、

それも購買心理学を織り交ぜて作成していくのだ。

作ってみても成果が出ないサイトを抱えて困っている方は、ほとんどこのコピーライティングを無視して作成したサイトがほとんど。

小綺麗にまとまったサイトをWEBにアップしても、ただの自己満足にしかならないのだ。

にも関わらず、全く成果が出ないサイトに、成果が出ないからと、多額のPPC広告を出稿したり、SEO業者に多くの金額を支払っていたりする。

なのに、制作会社や代理店は、そんなことも教えてくれない。サイトを作ったからご請求します、としか言わない。

そもそも、彼らは集客やマーケティングのことを知らないで受注しているのだ。

このように、WEBマーケティングは、地雷が山積み。

だから、簡単にWEBマーケティングといっても、

WEBもREALのマーケティングもきちんと分かっている人でないとこれらの地雷を回避できないどころか、

だだの費用垂れ流しシステムを運営しているだけになる。

0から顧客リストを取っていくことは、正しいやり方と踏まえても、時間も労力もコストもかかる。

しかしながら、個人顧客のビジネスであれば、個人のリストの売買は禁止されているため、

WEBマーケティングを利用するのは、決して間違った選択ではない。

もし商圏が決まっているなら、WEBもいいが、DMやポスティングも有効だし、

やはりこれも掛けあわせてマーケティングプランをたてるのが効率がいいのだ。

特に店舗ビジネスの集客なら、ポスティングに加え、スマホのランディングページはさけて通れないだろう。

いかがだろうか?WEBマーケティングがマーケティングで一番最高!みたいな風潮があるが、

WEBの世界だけで集客するのは非常にコストや労力が掛かり過ぎるのだ。しかも、広告費がどんどん上がってきているので、

いまこそ、アナログなマーケティング手法を見直すべきでもある。

あなたは結局、成果が欲しいわけだし、売上がほしいわけなのだから、効率の悪いマーケティング手法を選ぶ必要もないわけだ。

結局は費用対効果がいかに優れているかだけでしか無いのだから。

Twitter
SNS説明

FacebookとTwitterでは、Blogでは書いてない、マーケティング記事を加藤がピックアップし、コメントを入れてシェアしている。
アナーキーなマーケティング思考を身につけたい方は、是非いいね!&フォローを!

面白かったらシェアを!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしよう!

メルマガ

完全無料のメルマガ会員特典!

■加藤への質問が可能!

加藤が独断と偏見で選んでメルマガ会員だけにシェアしていきます。

■Blog更新のたびにメールでお知らせ

■メルマガ会員のみへクローズドな情報を随時配信

今すぐご登録を!