ライザップの「30日間返金保証」は、素人がやると即死亡確定。 – アナーキーマーケティング

ライザップの「30日間返金保証」は、素人がやると即死亡確定。

面白かったらシェアを!

FROMマーケティングプロデューサー加藤元康
kato_icon

デッデッ、デッデッ、てって〜〜〜〜〜〜〜〜♪

4752561346_ef13c7de09_z

と、2ヶ月で結果を出すというマーケティングメッセージで一躍有名になった、ライザップ。

「30日間返金保証」を掲げてたプロモーションもインパクトがあったが、景表法違反の可能性があるとして、「ひょうご消費者んネット」というNPOから、取り消しを申し入れされた。

ライザップ広告 誤解招く?「30日間全額返金保証」…消費者団体が削除要請

この「ひょうご消費者んネット」というNPOだが、ちょっと調べてみたが、なんだかよくわからないし、なんだがサイトも気持ち悪い。笑

こういう暇な輩が足引っ張ってくるくらい、この「返金保証」っていうのは、パワフルなマーケティング手法だ。

儲かったり、有名になると、こういう輩が出てくんのね。

この通販などでよく見る「返金制度」だが、マーケティングの専門用語では、「リスクリバーサル」と呼ばれている。

そして、理論上では、返品返金以上に売上が上がるので、圧倒的に利益がでるマーケティングの概念とされている。

だから、返品返金はつけない意味はどこにもないのだ、と。

アメリカ人の世界的に有名なマーケッター、ジェイ・エイブラハムがそう言ってるし、それなら間違いないと、これを実際にやった奇特な人がいる。

結果を知りたい?

、、、、、

クッソ大赤字!!!

返品返金クレーム処理で、潰れんじゃないかと思った!

めちゃくちゃ、嘘つきじゃん!

なんだ、あのジジイ! ◯ァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ック!!!

偉そうに、のうのうと嘘つきやがって!!

腹立つ!!!

と、壁を蹴りあげていたそうです。

、、、、

はい、何を隠そう、それ私です。笑

リスクリバーサルみたいな強力なマーケティング手法は、前提条件を間違えると、とんでもない目を見る、とわかったのは、この事件のあと。

リスクリバーサルをやっている商品を分析してみた。

リスクリバーサルを付けやすい商品

  • 単価数千円〜2・3万円の商品
  • BtoC商材
  • 利益率が9割以上ありそうな商品
  • 在庫を持たない商品
  • 体験商品
  • 材料がないもの

絶対やっちゃいけない商品

  • 受注生産
  • BtoB商材
  • 取引額が数十万以上の商品
  • 納期がある商品
  • 材料を加工するもの
  • 製品個体差がでてくるもの

説明しよう。

私がやらかしたのは、受注生産品。

つまり、オリジナルの仕様で納品するものだ。

このような商品は、目の前にある商品をそのまま買うのではないので、クライアントのイメージとサプライヤーのイメージが異なることがある。

というよりも、同じなわけがない。

目の前にサンプルがあって、共通認識して、量産に進んでも、納品後に微妙な違いはでてくるものだ。

それに、こういう商流はBtoBがほとんど。

BtoBの場合、納品したものが違ったりした場合、まさに事故だ。

そんな時は、なんとかして期待通りのものをきちんと納品するのが、筋というものだ。

なのに、偉そうに、「ご満足いただけなかった場合、返金保証しています!」とのたまわっても、なんら意味がない。

こんな場合、クライアントがリスクリバーサルして欲しいのは、時間と金と機会損失だ。

クライアントの得るべきだった、売上を保証できるか?

ほとんどの企業はそんなことできやしない。

仕入先から完全に仕入れた上で、クライアントの売上を保証するわけだ。

このリスクリバーサルは、一体なんの罰ゲームだ? 潰れちまうよ。

クライアントも全然嬉しくないでしょ。

こんなことしても、誰も得しないし喜ばないし、金で解決しても、正直関係悪くなるだけだ。

まあ、仕事にはミスは必ずどこかで起こる。

こういう不確定要素のリスクコントロールできてないものをリスクリバーサルしてはならないのだ。

では、どのようなものがリスクリバーサルに向いてるのか?

リスクコントロールが効く商品だ。

在庫をもった健康器具にリスクリバーサルを付けて通販で販売したとしよう。

ガンガン売って売りまくって、いくつか戻ってきても、きちんと検品して袋や箱を入れ替えてアッセンブリーしなおせば、新品として販売できる。

そして、ライザップのような、人的サービスも同様。

提供した30日間は戻ってこないが、それ以上のダメージもない。

材料も在庫もないだけでなく、人件費を考えても、カバーできる利益率の商品のはずだ。

にも関わらず、入会して、キャンセルの期間を30日って設けたら、数十万の会員費を払う際に、迷いが生じた時に、このリスクリバーサルはきちんと客の背中を押してくれる。

いかがだろうか?

偉いマーケッターの言葉尻で振り回されても、何もいいことがないのだ。

だって、「概念」とか「理論」なんだから。

全ては実践した人間の言葉に耳を傾ければいい。

失敗の連続の中に、本質はあるんだから。

Twitter
SNS説明

FacebookとTwitterでは、Blogでは書いてない、マーケティング記事を加藤がピックアップし、コメントを入れてシェアしている。
アナーキーなマーケティング思考を身につけたい方は、是非いいね!&フォローを!

面白かったらシェアを!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしよう!

メルマガ

完全無料のメルマガ会員特典!

■加藤への質問が可能!

加藤が独断と偏見で選んでメルマガ会員だけにシェアしていきます。

■Blog更新のたびにメールでお知らせ

■メルマガ会員のみへクローズドな情報を随時配信

今すぐご登録を!