まだ地方で疲弊してるの?東京なんかニセモノだらけなのに。 – アナーキーマーケティング

まだ地方で疲弊してるの?東京なんかニセモノだらけなのに。

面白かったらシェアを!

FROM 東京へ向かう東北新幹線車中にて
実業のための集客&マーケティングプロデューサー加藤元康
kato_icon

どうも、まだ地方で疲弊してるの?のカトウモトヤスです。笑

さて、10月9日の午前中、新潟から東京に向かう新幹線の中でこの原稿を書いている。

ここ最近、出張だらけで、移動中に原稿を上げてる事が多くなった。

9月から、徳島、岡山、倉敷、そして、この前は金沢で、今回新潟。

今回の新潟は熊本とダブルブッキングしてしまい、新潟に訪れることになった。

こんな感じで日本中回っているのだが、地方ということを深く考えるきっかけを与えてくれている。

私は、東京生まれ、東京育ち。

悪そうな奴はだいたい友達、である。

いや、悪そうというか、どちからというと変態そうな奴らはだいたい友達。

これは間違いない。笑

冗談はさておき、ほぼ40年間東京で生活している、生粋の東京人である。

しかも、爺さん婆さんらは向島、母さんとかは柴又、みたいな、ちゃきちゃきの江戸っ子だ。

子供の頃から田舎、というものがないのだ。

友達は夏休みになると、田舎に帰る!と楽しそうに言いふらしていたが、

私は、2〜30分電車に乗れば親戚に会うことができたのだから。

東京でも、珍しい人種である。

だから、東京しか知らないと言っても過言じゃないかもしれない。

しかも、サラリーマンやってたころから、地方に縁がなく、出張といえば、100%海外であった。

会社を始めてからも、地方の人が出張で東京に来てるなら、俺らは海外目指そうぜ!みたいなノリであった。

そっちのほうがイケてる感じもあったから、無意識に選んでたのかもしれない。

まあ、日本一の都市が東京なんだ、と思い込んでいた。

この歳になって、こうやって日本中を回ると、私は出張を日本一楽しんでるんじゃないかというくらい、楽しんでいる。

もちろん、真剣に仕事してるわけだけど、その分、地方の楽しみ方を学ぶことができたのだ。

じゃあ、なんで私がそんなに楽しめるかというと、東京を死ぬほと知ってるからだ。

さすがに、40年東京にいたら、飽きるわな。笑

それで、東京にはないものを見つけてしまったのだ。

それは、地方での飲み食い、
すなわち、孤独のグルメごっこである。w

昨日も、講義の打ち上げでみんなで飲んだあと、ホテルに戻り、そこから街に繰り出した。

食べログで周辺を検索し、上から電話をして、空席があるか確認する。

入れる店に、行くだけだ。

スマホで検索したり、食べログみたいなアプリのおかげで、ワタミのようなチェーン店には行かずにすんでいるし、店選びで地雷は踏まない。

満足以上のコスパを提供してくれるのだ。

実にいい時代になったものだ。

おかげで、新潟で評判のいい店に入ることができ、そこで、日本酒と刺身をいただく。

刺し身のまえに何か食べようかと、女将さんにオススメを聞いたりして、勧められるまま注文する。

IMG_7505

IMG_7503
IMG_7506
IMG_7508

写真ではなかなか伝わりにくいかもしれないが、感動するくらいのお造りである。

見た目も美しいが、仕事が丁寧。

魚の選択も素晴らしいし、塩で〆たりと手仕事が入っているものも、素晴らしい。

そこに物語があるように感じるくらいである。

とくに、地酒の日本酒との相性を感じると、三秒止まって、うむむむ、、と、ひとりで唸ってしまうのだ。

もうね、感動ですよ、感動。

心が全部持っていかれる。

〆の魚沼産のコシヒカリと南蛮味噌のおにぎりと、真鯛のアラ汁は神がかっており、

うむむむ、、が10秒位に伸びた。

お会計なんか、腹いっぱい飲んで食っても4〜5千円程度だ。

なんだ、この、驚異的な圧倒的なコスパ!!

もはや、明日から、新潟に向かって、手をあわせてから、仕事しよう、と心に誓いそうになるくらいである。笑

これが、孤独のグルメ、井之頭五郎、もとい、アナーキー・イン・グルメ、加藤元康、

いやいや、そろそろ、イケダハヤト氏如く、まだ東京で消耗してるの?とか言いそうである。笑

これは、どの地方に行ってもそうなのだが、やはり、地の物は、地の酒が合う。

フランス語で言うと、マリアージュ、である。w

フランスやイタリアだって、そうだ。

地の物と、地の酒は間違いなく合うのだ。

しかし、ここで、一つ、私は言いたいことがある。

人は、地の物、地の酒、だけでは、感動はしないのだ。

例えば、イタリア行って、ワインに感動して、同じワインを土産でもって帰って、一緒に飲んでも、あの感じとは程遠くなる。

さっき土産で買った新潟の日本酒も、事務所のスタッフと飲んでも、私が昨晩いただいた感じと、全然違うだろう。

食べ物も同じだから、新潟の酒の肴と日本酒をもって帰っても、あの感じは出せない。

水が違うからなのか、空気のせいなの、とにかく違う。

東京には、イタリア料理もフランス料理も、新潟の居酒屋も広島の居酒屋も、なんでもかんでもあるが、

どんな専門店でも、いくら払っても、あの、うむむむ、、と唸ってしまう感じを提供できる店はないんじゃないだろうか。

つまり、東京でいくら気張って地の物、地の酒で揃えても、あの価値は提供できないのだ。

東京は、高いものから安いものまで、無いものは無い。

そういう選べることが価値だ。

悪く言えば、〇〇っぽければいいのだ。それが東京。

そもそも、東京なんて、ペラッペラなんですよ。

例えば、青山や代官山なんかニセモノのヨーロッパでしょ?

東京ディズニーランドなんて、千葉にあるし、ヨーロッパのハリボテじゃないか。

都内には、高級フレンチもイタリアンもあるけど、本場ほどじゃない。

実はなんでもあるようでいて、どれもこれも、本物、は、ほとんどない。

でも、地方で食すと、地の物、地の酒、地の水、地の雰囲気で、全方位から、攻めてくる。

もはや本物から逃げられないのだ。

これをやられちゃ、感動で、唸らないわけにはいかない。

しかも、東京に比べたら、とんでもないコスパである。

私は、これだけで、十分日本中を堪能できる。

別に観光なんかしたくない。

面倒だから。笑

そもそも、観光したい奴なんかいるのか?笑

私は仕事で行ってるから、なおさら、もうそれ以外何も考えたくないわけだ。

飲食というのは、とても感覚的で、直感的なことだから、誰でも楽しむことができる。

エンターテイメントである。

しかし、観光というのは、土地の歴史や地理など、理論的な思考を要するし、事前の知識がないと、全く楽しめない。

地方の物産もしかり。

ぶっちゃけ、観光で楽しめるというのは、日本史オタクくらいでしょ!笑

もうね、カッコつけてね、〇〇城はね、、、なんてゴタク垂れてる場合じゃないよ。

はあ?柴田勝家?前田利家?

なにそれ、面倒くさい!って、思わないだろうか?笑
そんなことより、美味いもん食って、美味い酒飲める、しかも土産で同じもの持って帰っても、ここで飲み食いするほうが美味いんだ!っていう方が、よっぽど行きたくなる。

なぜなら、「食」とは、直感的なエンターテイメントだからだ。

そもそもディズニーランド行く人のほとんどが、ウォルト・ディズニーやミッキーマウスの歴史なんて興味ないでしょ?

ディズニーランドに行くのは、非日常を楽しめるからだ。

ウォルト・ディズニー博物館がディズニーランドの中にあったら、ドン引きである。

お前の歴史なんか、どうでもいいのだ。

つまり、だ。

東京人からみたら、地方なんて、ディズニーランドばりの非日常があるんだよ!ってこと!

行かないと感じられない、価値があるんだ。

東京にはない価値。

これは、東京しか知らないの私からみたら、とんでもない非日常。

往復2〜3万円で、非日常に入れるのだ。

新潟なんて、東京から往復2万程度だからね。

飯食って飲んで、一泊泊まっても、三万ちょいじゃないか?

間違っても、5万は使わないな。

そう考えたら、東京のくだらねぇキャバクラや、小洒落た六本木の高級店なんか、おちおち行ってらんないよ。

帰りのタクシー代まで考えたら、間違ったら、行くもんね、五万。

大して楽しくもないのにね。笑

もうね、40年間東京にいるからね、異常なくらい情報を浴びてきてるわけですよ。

おそらく、地方の人の比ではない。

その分、残念なこともたくさんあったからね、何が本物で何がニセモノだか分かるわけ。

先が見えちゃうから、楽しくない。笑

私がディズニーランド嫌いなのも、ハリボテ感がすごいからだ。

なぜ私が、大量のクソガキの中に突っ込んでいかなきゃならんのだ。

そんなら、何倍も払って、海外行くからね。

私にとっては、そっちのほうが価値があるから。

ちなみに、日本人全員ディズニーランド好きだと思ったら大間違いだからな!

ここは声を大にしていいいたい。笑

でも、新潟なら、地元の居酒屋で腹いっぱい飲んで食って5千円程度で、東京にない本物を満喫できるのだ。

下調べだって、インターネットで出てくる店に電話しておけばいいだけだ。

彼らが、想像を超える体験を与えてくれるわけだから。

いやあ、ガキンチョいないし、私にとってのファンタジーがそこにあるわけです。

なのに、地方に人が来ないって??

そういう価値を、地元の人達が発信しないからだよ。

夢の国の住人なんですよ、地方の人って。

その土地のファンタジーを語ってほしいのね、こっちは。

観光地があります、物産これです、って、どうでもいい情報。

なんだよ、そのつまらない観光情報。笑

無理矢理産直市を作ったり、〇〇ミュージアムを作っても、金ばっかりかかって、人なんか来ない。

来ても、メディアが騒いで、一瞬盛り上げるだけ。

それで回収できりゃいいけど、そんな甘くないはずだ。

そうじゃない。

地元の飲食携わる人達が牽引するのだ。

何度も言うが食は、誰でも楽しめるエンターテイメントなのだ。

しかも従来やってない、地元の営みやそこに住む人達の人柄を伝える方法で。

こんな新鮮な東京じゃ食えない魚と、日本酒があって、とんでもなく美味い、その理由を伝えるのだ。

それをどんな想いで作り手が作っていて、居酒屋の大将がどんな想いで仕込んでいて、

それをイカした女将さんが接客してくれてるか、だから美味いんだ、と、きちんと伝えるだけでいいんだ。

彼らがなんで、その地元にこだわるかを、きちんと伝えていくだけでいいんだ。

東京じゃ味わえない最高の味わいを体験して欲しい、と伝えるのだ。

人がたくさん住んでる、東京や大阪にの人たちに、話を伝えるんだ。

そういう、雰囲気や人柄を伝えることで、人は人に会いに来たがるんだ。

そこから、その土地の歴史とか文化とかに興味を持って、何度も来ていただけるようになるはずなのだ。

モノじゃなくて、人を売る。

ディズニーランドだって、ミッキーマウスっていうキャラ売ってるから人がくるんだ。

しかもいろいろいるからね、濃いキャラが。

別にスプラッシュマウンテンがすげぇから行くわけじゃない。

これと同じ。

地元に、濃いキャラの大将や女将さんたくさんいるじゃねぇか。

行くと、彼らに絡まれるから、美味いんだよ。

だから、彼らで呼ぶんだ。

魅力を伝えるんだ。

そうすりゃ、人は来る。

海外からだって、わざわざへんぴなとこまでくるよ、コレ絶対。

これが、関係性を高めるマーケティング方法だし、そもそも地方創生の本質じゃないかと思うのだ。

Twitter
SNS説明

FacebookとTwitterでは、Blogでは書いてない、マーケティング記事を加藤がピックアップし、コメントを入れてシェアしている。
アナーキーなマーケティング思考を身につけたい方は、是非いいね!&フォローを!

面白かったらシェアを!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしよう!

メルマガ

完全無料のメルマガ会員特典!

■加藤への質問が可能!

加藤が独断と偏見で選んでメルマガ会員だけにシェアしていきます。

■Blog更新のたびにメールでお知らせ

■メルマガ会員のみへクローズドな情報を随時配信

今すぐご登録を!