これが、山本耕史氏が堀北真希をゲットした、常軌を逸したマーケティング方法だ! – アナーキーマーケティング

これが、山本耕史氏が堀北真希をゲットした、常軌を逸したマーケティング方法だ!

面白かったらシェアを!

FROM:実業のための集客&マーケティングコンサルタント加藤元康

kato_icon

堀北真希氏と山本耕史氏の電撃結婚はきっと誰もが驚いただろう。

さまざまなメディアが、ヤバイ!ストーカーじゃん!と報じていたのは記憶に新しい。

たしかに、一歩間違えば、犯罪であるし、かなり強引にも感じるが、

私はこのニュースに、必然性を感じてならない。

なぜなら、山本耕史氏の方法は、優れたマーケティング戦略が、見え隠れするからである。

今回、山本耕史氏に課されたミッションは、競合ひしめく「堀北真希」という人気商品の「独占契約」するというのが目標である。

そう考えた時に、彼が取った方法は、BtoB取引の優れたマーケティング戦略の塊ではないか!と膝を打ってしまったのだ。

人気商品の独占契約は単純に金を積んでも手に入らないし、そもそも問い合わせてもなかなか商談にも応じてくれない。

私が堀北真希氏と会いたい、と事務所に電話しても取り合ってくれないだとうが、彼は役者という、自分の職業を存分に利用して接見した。

山本耕史氏の動きを見ていくと、共演者キラーなんていうのは後付で、そもそも人気商品渦巻く女優マーケットに参入したいがために、役者になったんじゃないか、と思うほどである。

そう、美人女優をモノにしたい、という欲望が異常じゃないだろうか。

きっとそのために、演技というスキルを相当ストイックに学んできたに違いない。

この辛い演技の修行を超えれば、美人女優と共演できる、というモチベーションが彼を支えたのだろう。

そして、このモチベーションと彼のマスクも相まって、人気俳優の地位を手に入れたのだと思う。

実に素晴らしい、男らしいモチベーションである。

これは、ビジネスマンであれば、自分の稼ぎを上げることに執着して、スキルをあげていくことで、

他者が入りにくいマーケットに参入することができる、というのと同義である。

そもそも、マーケティング戦術で最もパワフルなものは、なんといっても「会うこと」である。

人は、見ず知らずの人から、高額商品の契約なんか、まずしない。

人間信用が全てだからである。

そういう意味では、この美人女優マーケットというのは、彼にとって美人モデルマーケットや美人タレントマーケットなんかより、よっぽど参入しやすかったのだと思う。

とにかく、最初から「会う」という、マーケティング手法にフォーカスしているのは、お見事。

そこから、電話番号を聞いて、後日テレマーケティングというマーケティング手法を駆使していく。

テレマーケティングは、会うというマーケティング手法の次にパワフルなのだ。

もちろん、LINEでのマーケティングや、メールでのマーケティングも、テレマーケティングと併用することで、相乗効果を発揮する。

それを先天的に理解しているのはさすがである。

さらに、山本耕史氏がすごいのは、何年にも渡る長期戦を最初から念頭にいれているところである。

一昼夜では、手にはいらないことを戦略に盛り込んでいるのである。

女好きもここまでくると、もはやプロのマーケッターさながらである。

そして、なにより、山本耕史氏がすごいのは、最初から契約する商品を選ばなかったことである。

何が最も優れている商品であるかというのは、自分にしか分からないものである。

片っ端から人気女優に声をかけていき、何がベストであるか選ぶという行動に出る。

松たか子、牧瀬里穂、上原多香子、佐藤江梨子、中越典子、スザンヌという顔ぶれは比較するに十二分である。

人気商品だからといって、売れるとは限らないというのと同義だ。

彼は商品にこだわらず、自分にとってのベストを追求していったのだ。

ここも、事前に自社のマーケティング戦略が組み上がっていないと、商品に引っ張られ、ぶれやすいところであるが、

山本耕史氏は、一切ブレず、愚直なほど、共演者である美人女優マーケットにフォーカスする。

ターゲット設定の際の自身の中のペルソナがクリアであったがゆえに、当時バラエティアイドルのスザンヌなどにもリーチすることができたのだろう。

自身のほしい顧客像ひとりにメッセージを発信するほどに、それに近い属性の顧客にもメッセージは伝わるのだ。

ペルソナの教科書みたいな事例である。

実に、見事な手腕と言えよう。

そして、自分にとってのベスト商材は、「堀北真希」であると、堀北真希氏との共演を重ねるたびに確信していったのだろう。

会う、テレマーケティング、LINEやメールマーケティング、の次の手段を投下していく。

これが、ステップダイレクトメールと言われるマーケティング手法である。

これは、おそらく、テレマーケティングの次にパワフルな手法だ。

会う>テレマーケティング>ダイレクトメール

これは、人の心理に影響力を与える大きさの順位なのである。
ダイレクトメールというのは、意外なほどパワフルなのだ。

そして、山本耕史氏が、常軌を逸して、異次元のレベルに行ったのは、このダイレクトメールの定石を超えたことにある。

ステップダイレクトメールという手法があるのだが、これは同じ内容でも、キャッチコピーを変えて、3ステップ送れば、コンバージョンを最大化出来る、というものである。

しかし、山本耕史氏は、この定石を超える奇行に出る。

なんと、キャッチコピーを変えただけの、おそらく同じ内容であるであろう、40ステップのダイレクトメールを送り続けたのだ!

そんなことする競合は絶対にいない。

山本耕史氏、ただ一人であった、と断言してもいいだろう。

しかも、電話やメールのようなしつこさは、手紙になるとそこまで感じないのだ。

堀北真希氏が、見ないで捨てる、という選択肢があるのを潜在的に分かっているからである。

これは、トドメを刺すのに十分以上。

共演OKくらいの感覚であれば、さすがに40通送ったら、メッセージは読んでしまうだろう。

そして、そのメッセージが、堀北真希に刺さったのである!

きっと内容も堀北真希の心を打つ内容であったに違いない。

あなたを一生幸せにします、ということを何度も何度も、説いて証明させてみせたのだろう。

でないと、スキャンダルが一切ない、つまり身持ちの堅い、堀北真希氏を落とせるわけがない。

山本耕史氏の情熱は、コピーライティングなんてことも超越し、その想いが淡々と綴られていたのだろう。

そして何度も送ることで、コミュニケーションを繋いで、信頼を得ていったのではないだろうか。

毎日電話だったら、最初から強い好意がなければ耐えられないが、手紙というのは、好意がなくても受け取ってしまう。

それに、手紙って、どうも誠実な感じもするではないか。

だって、手紙を書くのが大変なのは、誰でも知ってるからである。

電話やメールは手軽だから、手紙に比べて、なんかのついで、みたいな印象は拭えない。

心のこもった1:1のコミュニケーションは、手書きの手紙でしか成しえないものである。

そして、そういう、コピーライティングは、結婚という人生の決断をも動かすものなのだ。

実にロマンチックな話である。

だから、別に山本耕史氏がイケメンだから、ストーカーにならなかった、というのではなく、

真摯に想いを手紙だけで伝えていっただけなのだ。

さすがに、家まで後を付けたり、毎日電話したり、待ちぶせしまくってたら、アウトだろうけど、いやはや、ここまでギリギリまで攻めていったのは、実にあっぱれである。

まあ、山本耕史氏にしてみれば、ミッションコンプリート!!

いろんな手段を講じたが、結局、だだコピーがつらつらと綴られたダイレクトメールを送り続けることが正解だったのだ。

そして、ついに、一生に一度の、堀北真希氏との独占契約を手に入れたのである!

数字にしたら、いかほどの価値が、山本耕史氏にあったのだろうか!

考えただけでも、武者震いしてしまうではないか!

(話変わるが、山本耕史氏、そろそろハゲそうな生え際だw こっちこーい!こっちこーい!w)

これは、私も真っ青な、マーケティング戦術である。

正直、そこまで考えたことなかった。

どうしても落としたい大手クライアントがあるのであれば、熱心に40ステップのダイレクトメールをひたすら送り続けるというのは、実に有効であると思うのだ。

だって、そんな競合もいないし、そんな会社もないでしょ。

私は、ちょっと今度やってみようと画策しているところである。笑

とはいえ、こんなマーケティングという、策に溺れてはならない。

あくまでも、こんなのは「策」なだけで、本当に欲するものを手に入れるための手段でしかないのだ。

だって、ビジネスでも恋愛でも、それに対する、欲に敵うものはないではないか。

だから、山本耕史氏みたいに、周りから異常に思われるくらいの、欲を持つべきなのだ。

その欲が強いほど、必ず叶うものなのだから。

さあ、あなたは、何が欲しい?

Twitter
SNS説明

FacebookとTwitterでは、Blogでは書いてない、マーケティング記事を加藤がピックアップし、コメントを入れてシェアしている。
アナーキーなマーケティング思考を身につけたい方は、是非いいね!&フォローを!

面白かったらシェアを!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしよう!

メルマガ

完全無料のメルマガ会員特典!

■加藤への質問が可能!

加藤が独断と偏見で選んでメルマガ会員だけにシェアしていきます。

■Blog更新のたびにメールでお知らせ

■メルマガ会員のみへクローズドな情報を随時配信

今すぐご登録を!